恐怖症の原因と克服方法

新しい挑戦が怖いというのは当たり前で
誰もがそうだと思いますが、
それが病的に怖いとなってくると恐怖症になります。

その場合は克服するための対処法が必要になってきますが、
まずは原因から探ってみなければなりません。

恐怖症の原因について

対人恐怖症などの恐怖症の場合
過去のなんらかの出来事が原因になっていると考えられます。

例えば過去に辛い経験をしてうつ病にまでなっていた場合は
何か新しいことを始めると、
またそのようになってしまうのではないかと不安が沸き起こってしまいます。

このような不安は無意識に起こってしまう場合があって
本人は気づいていなかったりします。

何をするにも不安になってしまい
日常生活に支障が出てくる場合もあります。

いろんなことを回避してしまう癖がある場合は
自分にそういう性質があるということを自覚することが
克服への第一歩だと思います。

性格の癖に気づくことができれば
意識して改善していく事ができます。

恐怖心の克服方法

恐怖症になった原因が特定できた場合、
その恐怖心を取り除くことが重要になります。

恐怖心を取り除くステップとして
徐々に慣れていくという方法があります。

例えば対人恐怖症の場合
・人と話すことが緊張する
・人の目を見ることができない

といった症状があります。

その場合の克服法として
例えば1から5までの行動を段階を踏んで実践していきます。

1. 人と話していることを想像する

2. 相手の目を見て話している状況を想像する

3. 実際に人が多い場所を歩いてみる

4. 店で買い物をする

5. 店員と話してみる

というように恐怖心が少ない行動から
徐々に恐怖心が大きい行動へと
段階を追って試してみると効果的です。

まずは想像するだけで
どの程度緊張感が高まるのか見ていきます。
そして徐々に負荷をかけていくといったイメージでやってみると効果的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

three × 5 =